石川・松任健康の里

農薬・化学肥料不使用の自然農法栽培 島の愛妻米やひまわりたまごの販売 石川・松任健康の里

商品カテゴリ

コンテンツ

HOME»  自然農法について

自然農法について

どんな目的?

どんな目的?

 

自然農法の実施に伴い大自然の見事な仕組み(自然生態系)を知ることで、生活上のあらゆる「ムダ・ムリ」に気付き、それを改める生活が営まれるようになり、平和で健康な社会づくりに貢献することを目的としています。

 

どんな農法?

どんな農法?

 

大自然に倣い、植物性有機物を利用することにより微生物を保護または活性化させ、根張りを促すことで健全でおいしい農産物を生産する農法です。
したがって、科学肥料をはじめとするあらゆる科学物質は一切使用しません。
また、病中害対策としてコンパニオンプランツを利用した予防としての混植などの技術も利用しています。

 

どんな基準?

どんな基準?

 

目的にしたがい広く普及するため、「MOA自然農法ガイドライン」を策定し、一定の規則に準じた方法によって生産する在り方を構築しています。
生産者は年1回更新研修を受講し、また出荷前には栽培履歴を基に検査を受けるなど定められたルールに則った生産に努めています。
また、栽培品目や土地条件などの理由により3種類の栽培ランクを設け、表示などにより以下のように区別しています。
①自然農法
②自然農法転換期間
③自然農法特別栽培

 

どれくらい実施しているの?

どれくらい実施しているの?

 

生産者5軒以上で1つのグループ(普及会)を構成することができ、現在全国に約290余りの普及会が存在し、各地で気候風土に合った農産物を生産しています。